千葉県のご当地キャラクターふなっしーの弟、「ふなごろー」が、10月15日に行われたバンダイの「ふなっしーのめいっしー」発売記念イベントで初お披露目になった。
hunagoro
引用:https://www.youtube.com/watch?v=UtaEfqRMmn8&list=UUDE_gujqIP9wEBZy0lVH_8Q
ふなっしーは梨の妖精で、兄弟が274体いるらしいです。
(274=ふなっしーにかけて)
4男のふなっしーと、ふなごろーはそのうちの56番目。
梨に妖精が取り付く前に青虫に食われてしまったという梨と芋虫のハーフだそうです。
そのふなごろーの中の人が声優の「金田朋子」ではないかと話題になっています。
さっそく検証動画を見ていきましょう!

<スポンサードリンク>

ふなごろーの語尾は「なっぴー!」で、芋虫の尻尾からは梨汁ならぬ絹糸が「ぶしゃー!」と飛び出します。

ふなっしーより背が小さく、子供のように見えます。
中にいるのは女性のようですね~。
小学生の声にも聞こえますが、声優の金田朋子さんとそっくりな声をしているようです。

では、声優の金田朋子とは?

<スポンサードリンク>

金田朋子(かねだともこ)
10585006
引用:http://pic.prepics-cdn.com/bomuteresa2/10585006.jpeg

1978年5月29日生まれ (41歳)

特徴のあるアニメ声で、代表作に
あずまんが大王「美浜ちよ」
「おしりかじり虫」などがあります。

ふなごろーの声と確かに似てますねww

金田さんは独特の地声でよく子供に間違えられ、横浜中華街で中華の食べ放題に行き、支払いの際に「中学生ですか?」と聞かれ、「違います」と答えたら「小学生ですか?」と言われたらしいwwww(その当時35歳)
30代のころは居酒屋に行っても運転免許証などの身分証明書を見せるまで成人と信じてもらえなかった。などの逸話がある。
非常に明るい性格のため、中居正弘の「ナカイの窓」で、「ムダに明るい人たち、周りの人が常識人に見える」と言わしめたほど。

また、一人でお寿司を80貫、チキンを41本食べるなど、かなりの大食いです。
あの小さな体のどこに入るんでしょうかww
びっくりですね~!!

感想としては、声優業で忙しい金田さんがイベントに出られるのか?という疑問があります。

ふなごろーの中の人の正体は、これからわかるのでしょうか?楽しみですね!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ご当地キャラ博in彦根2014の開催日はいつ?