寒い時期になると大活躍するのがお布団の毛布
この「毛布の正しい使い方」を紹介した画像Twitterで話題になっています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
引用:http://neko-go.com/img/mouhu.JPG
もともとはオムロンヘルスケアが運営する「ねむりラボ」の記事で、それによると今までの常識では考えつかなかった毛布の使い方で「暖かさが全然違う」ことになるんだとか!
防寒対策にもぴったりですね!それでは、正しい毛布の使い方とは?
早速見ていきましょう。

<スポンサードリンク>

ike_141117moufu01
引用:http://nemuri-lab.jp/recipe/2637/
こちらがジョバンヌ・イトウさんがツイートした「正しい毛布の使い方」の画像。
Twitterで2万もお気に入り3万回リツイートされていることで話題に!
一般には
1)敷布団
2)毛布
3)羽毛布団
とかけると思いますが、じつはこれ、全く間違った使い方なのです。

この正しい毛布の使い方をすれば保温性格段に違うとのこと。
どうして暖かさが違うのでしょうか?
<スポンサードリンク>

毛布が直接肌に触れると保温性アップ

毛布は掛け布団として使っている方が多いと思いますが、じつは敷いたほうが保温性が上がります
体の上からかけるのではなく、体の下に敷くことで、寝ている間に体から放出される熱を下から受け止めてくれるので、保温効果バッチリ!なんだそうです。

羽毛布団もともと保温性が高いので、かけ布団体の間に毛布をはさむ逆効果。
最もあったか効果が低くなってしまうのです。

羽毛布団を直接体に触れさせる

羽毛は体温を感知して膨らみ、保温性を高める性質があります。
ここに毛布をはさんでしまうとその保温性が遮断されてしまうんですね。
とっても寒い日は、掛け布団の上にもう一枚毛布を追加すると、毛布が「フタ」となり、布団から熱が逃げるのを防いでくれます。

これからとっても寒くなる季節、暖かさを持続させたいなら「体の下に毛布・体の上には羽毛布団・羽毛の上にさらに毛布」をかけてぬくぬくと過ごしましょう。

実際に体験した人の感想
979318pb01_44113L
引用:http://img2.bellemaison.jp/

・おはようございます。昨日、毛布の正しい使い方が話題になっていて、その通りにやったらびっくりするくらい暖かかった(^∇^) みんなもやってみよう!
・今日はちょっと前に見た「毛布の正しい敷き方」にならって、毛布を下にしいてその上で寝たらむちゃんこあったかくて幸せやった……。ふんすふんす!ツイッターさまさま
・羽毛の掛け布団の上に毛布を掛けるのが正しい、と最近話題?になってるから試しにやってみたら全然違った めっちゃ暖かかった 今までの冬の夜は何だったんだ…
・そういえば毛布の正しい使い方ってやつ、試したら本当に暖かかった!!!ぐっすり!おはよう!!
・そういや、昨日正しい毛布の使い方で寝たら本当に暖かくて起きるの辛かったんご。

注意点がひとつ

ただし、体の上に直接かけて暖かいというのは「羽毛布団限定」のようです。
綿布団だと寒いとの報告も。
綿布団の下にさらに毛布をかけて毛布でサンドするともっと暖かいかもしれませんね!
K557537F-ID12350
引用:http://www.irisplaza.co.jp/

<スポンサードリンク>

今年の冬も暖かくして乗りきりましょう~!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます
【amazon】『おやさいクレヨンベジタボー』とは?販売店はどこ?未来シアターで大公開!