<スポンサードリンク>

ヌンドゥ(NUNDU)

13

巨大なヒョウの姿をした生き物ヌンドゥ
東アフリカに生息する世界で最も危険だという説のある魔法動物。
大きな体に似合わず音を立てずに動き、その吐息は村一つを壊滅させるほどの病をもたらします。

14

トゲだらけの首は普段は隠れていますが、ひとたびうなり声を上げると、風船のようにぷくっと膨らみます。
トゲだらけで触ると痛そう・・・!

野生では絶対に近づきたくない生き物ですね。

熟練した魔法使いでも、100人以下ではこれを鎮(しず)められたためしがない、のだそう。

こんな危険な動物も飼っているだなんて、ニュートは本当に命知らずな学者ですね。
ハグリッドと同じにおいがしてきたぞ・・・!?

さらに、映画に登場する魔法動物はこれだけではありません。
ニュートトランクの中に生息する、予告で一瞬だけ見える生物もご紹介します。

ファンタビに登場するその他の魔法動物

【ピンクの豚】
28

ホテルで相部屋になったと思われるニュートジェイコブ(マグル)。
ガタガタ揺れるニュートトランクを、不思議そうにジェイコブがのぞき込むと、ピュッ!と魔法動物が飛び出してきます。
一瞬だけ見えたその姿は、ピンクの豚のような形をしていました。

大きさは二フラーと同じかそれよりちょっと大きいくらいですが、映画の重要なキーパーソンとなるのか?

【赤い鳥】
12

そして、クラップフォーンの横を通り過ぎていく赤い鳥。
こちらも正式な名前はわかっていませんが、二フラーと大体同じくらいの大きさでしょうか?
人間界で言うとオウムみたいですね。

【オオカミ(?)と鳥】

24

トランクの中の世界でヨチヨチ歩く小鳥と、それを狙うオオカミ。
後ろからそ~っと近づいて一気に襲い掛かる姿がなんとも野性的。
魔法界の動物も弱肉強食ですね。

今回の映画は5部作あるので、この他に様々な魔法動物が登場すると思います。
映画の公開が楽しみですね^^

ファンタスティックビーストと魔法使いの旅のそのほかの記事はこちら!
【ハリポタ】ファンタビの日本語吹き替え声優一覧!宮野真守さんが起用?【動画】